お色直しの時の演出ってどうしていますか?

減少するお色直しの回数

純白のウエディングドレスを着た後で、新婦はきれいなカラードレスに着替えますよね。嫁ぎ先の色に染まるという意味で行われるお色直しですが、派手な結婚披露宴だと何回もゴージャスなドレスに着替えたりしますよね。でも着替え中に花嫁が中座に時間がかかるということや、ウエディングフォトで自分の好みのドレスを着ることが容易になったので、お色直しの回数は減少しつつあります。平均で一回という数字も出ているくらいなんですよ。

お色直し中の演出は

お色直しにかかる時間は、ウエディングドレスからカラードレスの場合は15分で済みますが、和装の場合は20分以上はかかってしまいます。カツラを付けたりヘアメイクにも時間がかかるからです。お色直しは披露宴の目玉でもありますが、時間がかかる場合は演出を加えて間を持たせることも大事なことですね。ゲストが退屈しないように工夫をしておくといいでしょう。映像を流したり、ゲスト参加型の企画を盛り込んでみるのがおすすめ。

具体的な演出は色々です

披露宴でよく流される新郎新婦のなれそめ映像ですが、これをお色直し中に流すと好都合ですね。時間がかかりそうな場合はビデオレターもここで流すといいでしょう。ゲスト参加型の企画を行うなら、ストレスなく参加できるものにするのがおすすめです。最近はキャンドルサービスをリレー形式でゲストからゲストへと点火していく方法も人気です。この方法ならゲストも披露宴に参加している意識を持てますし、退屈しないで済みますよね。

神戸の結婚式場のプランを賢く選ぶために、見学会などイベントに早いうちに参加をすることが成功につながります。