最良のウエディングシーンをつくる!!キラリと光る花嫁のブーケ

おしゃれにまとめて記憶にのこす

ブーケはドレスと一緒に必ず写真に残るので、花嫁にとっては大事なアイテムです。お式に持つホワイトブーケ、お色直しに持つカラフルにアレンジされた色ブーケ、エレガントにあるいはカジュアルにと好みのブーケを選ぶことで花嫁の個性が発揮されるでしょう。ブーケのデザインを決めるときには、花嫁の好きな花を選んだり季節感を出したり、また、トレンドを感じさせるものでアレンジするとおしゃれにまとまりますよ。それからドレスのデザインとコーディネートを考え、色や形、リボンなど細部にまで気を使うといいでしょう。

お式で使いたいホワイトブーケ

近年ではランやユリを使った大ぶりのブーケよりも、バラやカラーなどをシンプルにアレンジしたブーケのほうが人気があります。たとえば、卵型のオブジェにローズユミ、スプレウィットのバラをアレンジし、ベルベットのリボンでかわいらしくまとめたものや、ヒヤシンスをサムシングブルーのリボンでまとめてクラシックなアクセサリーをつけた小さなブーケなどもいいでしょう。ほかにもバラのケリーをメインに華やかでエレガントにアレンジしたものなどもいいですよ。

スタイリッシュな華やかさ

お色直し用のブーケの中でもスタイリッシュな華やかさを演出できるのが、ホワイト&グリーンのウエディングブーケです。テープやリボン、アクセサリーを組み合わせれば、ドレスにぴったりのアレンジも楽しめますよ。たとえば、シキミアのヘルボレス、ミスカンサスやカラジューム、ピットポラムなど全て葉と実だけで花びらをくわえないでまとめた個性派ブーケもいいですよ。ほかにも、ローズユミとブルーリリーでまとめたラウンドブーケ、グリーンカラーの中にオオニソガラムを巻き込んで根元にビバーナムをあしらい、ダークグリーンのシックなリボンでまとめてみてもいいでしょう。

太田での結婚式場を賢く選ぶために、ゲストへのもてなし方や日取りの決め方などにこだわることが効果的です。